NEW!!

編集室からのお知らせ

2011年3月のフクシマの事故をきっかけに、このサイトは生まれた。私たちがサイトを正式にスタートさせたのは、2011年8月15日。技術さえあれば、人々の生活は幸せで豊かになるという技術至上主義は、フクシマによって打ち砕かれ、その衝撃は、第二の敗戦に匹敵するという気持ちからだった。フクシマの衝撃を受けて2011年6月に、早々と脱原発を決めたドイツの動きを、日本の人たちに伝えたいというのが私たちの思いだった。

それから丸7年。ドイツの脱原発の決意は揺らいでいない。2022年末までには最後の原発が停止され、脱原発が達成されることを、私たちは確信している。明日何が起きるか予測できない、不透明で不安定な時代のなかで、確実に目標に向かって何かが進んでいることを実感できるのは嬉しいことだ。段階的な脱原発が計画通り進むにつれ、 ドイツ社会の関心は、エネルギー転換という大プロジェクトの実現に移ってきている。

この7年の間に、いろいろな事情で仲間が加わり、去っていった。最後に残った「緑の魔女」は二人。掲載する記事の本数が減り、サイトの存在意義について悩むこともあった。けれどもやはり、脱原発を見届けるまで伴走し続けたいという気持ちから、少し形を変えて、このサイトを続けていくことにした。

「じゅん」こと永井潤子、「こちゃん」ことツェルディック・野尻紘子、そして新しく仲間に加わる池永記代美もジャーナリストで、いずれも実名で文章を書いてきた経験があることから、これからはこのサイトの記事も実名で書くことにした。本サイトの主題は今まで通り、脱原発やエネルギー転換だ。しかしそれらとは一見関係のないように見える、ドイツの政治や社会、生活についての記事がこれからもたびたび登場するだろう。それはそうしたテーマの中に、ドイツでなぜ脱原発やエネルギー転換が可能なのかを読み解く鍵がひそんでいると、私たちが思うからだ。

筆者一同

続きを読む»

バーチャル発電所で電気料金を節約し、送電網の負担も軽減

屋上のソーラーパネルで発電した再生可能電力を、送電網には送り込まず、各家庭に設置した蓄電池に溜め、その各家庭の蓄電池をさらに相互に接続して、バーチャル発電所を形成するケースがドイツで増えている。消費電力を再生可能電力だけで賄う可能性が高まり、電気料金も節約できる上、送電網への負担も軽減できる。一般家庭からだけではなく、エネルギー大手からも事業として注目を集めている。 続きを読む»

ドイツの電気料金、欧州最高

ドイツは以前から、欧州連合(EU)内で電気料金が最も高い国の一つだった。しかし今まではいつも、どこか他の国の電気料金の方が高かった。ところが、先ごろEUの統計局であるEurosat が発表した統計によると、ドイツの電気料金は2017年にデンマークを抜いてEU最高になってしまった。政界と業界は驚きを隠しきれず、何がドイツの電気料金を高くしているかについて、話し始めている。 続きを読む»

ヨーロッパを騒がせたトランプ大統領

7月11日からヨーロッパを訪問したトランプ大統領は、ブリュッセルやロンドンで西側諸国を批判する発言をし、7月16日、最後の訪問地、ヘルシンキで、ロシアのプーチン大統領と会談し、帰国した。そのトランプ大統領のヨーロッパ訪問について、ドイツ・メディアの7月17日の論調をお伝えする。 続きを読む»

再生可能電力の発電量、2018年上半期に1000億kWhを突破

ドイツで再生可能電力の発電量が2018年上半期に1000億kWhを突破した。電力大手E.ONの計算によると、今年1月から6月までにドイツで風力と太陽光、バイオマス、水力で発電された電力は、前年同期比9%増の1049億kWhに達し、全電力消費量の36%を占めた。1000億kWhという電力は、E.ONによると、ドイツの1世帯当たりの年間電力消費量を2500kwhとした場合、全世帯の約1年分の消費量に相当するという巨大な量だ。 続きを読む»