ドイツ統一の日の大統領の心打つスピーチ

じゅん / 2017年10月8日

10月3日、ドイツは27回目の統一の日を迎えた。統一の日の公式記念式典は各州持ち回りで行われることになっているが、今年は西南部、ラインラント・プファルツ州の州都、ライン河畔のマインツが当番だった。9月24日の連邦議会選挙では、右翼ポピュリズム政党に対する投票行動で東西ドイツ人の間に大きな差があることが判明し、ドイツ社会にショックを与えた。そんな中で行われた統一記念式典でのシュタインマイヤー大統領のスピーチは、さまざまな背景を持つドイツ国民に対話と民主主義への貢献を呼びかけるものだった。シュタインマイヤー大統領のスピーチは、まず、記念式典に招かれていた16州の生徒たち、東西分断の時代を知らない若い世代に向ける言葉で始まった。

親愛なる若い皆さん、我が国の未来は、あなたたち若い世代のものです。あなたたちの両親あるいは祖父母の世代に当たる私たちは、27年前に得られたもの、すなわち自由と平和のうちに統一した民主的なドイツを、あなたがたに引き渡す義務を負っています。そして若者たちが不安ではなく、安心感を持って未来を展望することのできるドイツを、私たちは次の世代に引き渡さなければなりません。あなたがたは平和で民主的な統一ドイツで生まれましたが、過去に置けるドイツは、むき出しのナショナリズムから戦争を引き起こし、ヨーロッパの荒廃を招き、そのあとの冷戦時代には国が東西に分断されたという歴史を持っています。

こう述べた大統領は、統一前のことを知るために、憎しみや暴力によってではなく、平和的な抗議デモと勇気で壁の崩壊を実現させた旧東独の人たちや自由と民主主義を求めて闘った東欧の人たちに話を聞くよう、若者たちに勧めている。シュタインマイヤー大統領は、ラインラント・プファルツ洲出身で、先ごろ亡くなったコール元首相の統一実現への功績を讃えながら、「ドイツ統一を可能にしてくれた当時の世界の首脳たちについて、グーグルで調べて見てはどうか」とも述べていた。

そのあとの大統領のスピーチは、先の選挙で明らかになった、多くの国民の心配や不安感にどう対応していくかという中心テーマに移った。

ドイツを二分していた大きな壁、鉄条網や死の危険を伴う立ち入り禁止区域のあった壁は、27年前に崩壊しましたが、先の選挙の結果、我が国には目に見えない新たな壁が存在することが明らかになりました。新たな壁というのは、生活環境の違いによる壁、都会と地方、オンラインとオフライン、富裕層と貧困層、高齢者と若い世代の間の壁です。背景では、人々の失望と疎外感がインターネットで拡大され、エスタブリッシュメントへの不信と怒りの声が煽り立てられて、民主主義とその代表に対する拒否感にまで達しています。既成政党に背を向けた人たちのすべてが、民主主義の敵ではないことは確かですが、こうした状況に我々ドイツ人は答えを見出して行かなければなりません。

こう述べた大統領は、統一記念式典に列席している連邦議会議員たちに対し、民主主義の維持に貢献するよう求めた。民主主義政党の政治家たちの方が、単にエスタブリッシュメントを罵り、怒りのスローガンをぶつける人たちよりも問題のより良い解決法を持っているはずで、怒りをぶつけるだけでは、事態改善の責任を持つ事にはならない。それを実証するのが政治家の役割であると述べた。シュタインマイヤー大統領は、さまざまな問題に対する不満の中でも特に大きな難民問題を取り上げて論じている。

政治的に迫害されている人たちを無制限に庇護しなければならないのは、当然です。しかし、政治的に迫害されている人たちと、単に貧困を逃れるためにドイツにやってくる人たちをはっきり区別しなければなりません。いわゆる経済難民を、政治的迫害の犠牲者と同じように庇護することはできません。ドイツは身の丈に合った移民政策を考えるべきです。どれだけの難民を合法的に受け入れられるか、彼らを無理なくドイツ社会に溶け込ませる事ができるかは、政治家が解決するべき課題です。

大統領のスピーチで多くの人の心に響いたのは、ハイマート(ふるさと)という言葉を使った下りだった。大統領は右翼ポピュリズム政党である「ドイツのための選択肢(AfD)」の名前には一切触れずに、この党に抗議票を投じた人々に理解を示しながら次のように発言している。

人々の故郷への強い思いは、人間にとって大切なもので、私自身よくわかります。この故郷を大事に思う人間的な感情を、一部のナショナリストに利用させるべきではありません。故郷への強い思いは、安心感、急激な変化に見舞われない事、人間同士や地域との強いつながりを意味します。理解し、理解される場所、お互いに認め合い、心安らぐ場所、それが故郷です。故郷はしかし過去のものではなく、未来を目指すものです。ドイツ統一以来旧東ドイツの人たちは急激な変化に見舞われ、故郷は激変しました。その困難と苦しみは、これまでのところ統一ドイツ全体が共有する歴史にはなっていません。統一以来我々が犯してきたさまざまな間違いをこれから訂正していく必要があります。その際、重要なのは、お互いに話し合い、相手の話をしっかり聞く事です。

シュタインマイヤー大統領は、トルコとドイツの両方を故郷と感じるトルコ系ドイツ人女性弁護士の言葉を引用して、故郷は複数あり得ることも示唆した。大統領はまた、「移民の背景を持つドイツ人を含めて我々ドイツ人は、ナチの過去という歴史に対して責任を引き受けていかなければならない」と発言し、歴史修正主義的な傾向に警告を発した。

「ドイツ統一を日常的に実現していこう」という全てのドイツ人への呼びかけで、シュタインマイヤー大統領のスピーチは締めくくられている。

写真参照:
冊子「Wir müssen wieder lernen,für Demokratie streiten」

 

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *