無視された安倍首相

じゅん / 2014年5月11日
abe merkel 1

心配そうに安倍首相を見つめるメルケル首相 © 梶村太一郎

ゴールデンウイークの安倍首相のドイツ訪問については「日独首脳記者会見で福島の状況には一言も触れなかった安倍首相」で詳しく伝えたが、ドイツのテレビがその訪問をまったく伝えず、有力新聞も無視したことに驚かされた。

 

ベルリンの首相官邸前でドイツ連邦軍の儀仗兵による閲兵式にのぞんだメルケル首相と安倍首相、あるいは共同記者会見のあと日独の国旗の前でにこやかに並んだ両首相の映像は、ドイツのテレビについに登場しなかった。たいていの場合こうした首脳同士の会談は終わった直後からテレビのニュースで簡単に取り上げられるので、私は首脳会談の後の記者会見に参加して帰宅してからテレビのニュースを見続けた。しかし、なかなか取り上げられない。最初はまだ時間が早すぎるからだろうと思って公共放送のARD(ドイツ第1テレビ)とZDF(ドイツ第2テレビ)のニュースを交互に見続けたが、ついに夜遅くまで、まったく取り上げられなかった。先頃韓国の朴大統領や中国の習近平国家主席が訪問した時はドイツのメディアがこぞって大きく報道したのとは大違いだった。

さらに「南ドイツ新聞」などのドイツの主要新聞もまったく無視したことが気になった。日独の首脳会談が行われた翌日は5月1日のメーデーで新聞休刊日だったことも影響していたのかもしれないが、5月2日の紙面で伝えることもできたはずである。実際地方新聞の中には5月2日に取り上げているものもいくつかあったが、いずれもロイター通信などの通信社の記事を使っているだけで自社の記者の報告ではなかった。これは何を意味するのだろうかと少々考え込んでしまった。

「原発事故3年、変化するドイツ人の日本観」で取り上げたように、ドイツのメディアには、もともと福島の事故後の日本の対応について厳しい見方がある。さらに安倍首相の特定秘密保護法の強行採決歴史認識でアジア諸国を挑発し続けていることなどについても詳しく伝えられている。「原子力ムラの村長は安倍首相であることが、ますますはっきりしてきた」「放射能汚染水を海に垂れ流しているのは国際的犯罪である。その責任を安倍首相は自覚していない」「安倍首相は被災者の人間的な苦しみや訴えに耳を貸さず、苛酷な事故を起こした日本の原発を世界一安全だというグロテスクな主張のもとに、外国に輸出する原発商人である」といったマイナスのイメージが存在する。そのことと今回の日本の首相のドイツ訪問がマスメディアに無視されたことと関係があるのだろうか。いずれにしてもドイツのメディアにとって興味のある政治家ではないと見なされたことは確かなようである。

安倍首相はイギリスやフランスでは“仮面を脱いで“ 原発再稼働を明言し、フランスとは原子力や軍事関係部門での協力協定を結んだと伝えられるが、そのイギリスやフランスのメディアはそれを大きく取り上げたのだろうか。

12 Responses to 無視された安倍首相

  1. ATM says:

    ドイツの世論が、日本の原発問題や特定秘密保護法案、歴史認識に本当に関心があるのなら、むしろ今回の訪独をきっかけに、それらを批判しても良いはずですが、その動きがなかったということは、むしろドイツはそれらの問題にさして関心がないということの裏返しではないでしょうか。
    関心があるのに、今回のことを無視したというのであれば、そもそもジャーナリスト失格とも言えますし。

  2. Abe Is Over says:

    「2014-05.07 安倍総理ヨーロッパ外遊の真の狙い 独立総合研究所」
    青山繁晴さんという方が安倍首相のヨーロッパ訪問について話されているのですが、この方ヨーロッパヨーロッパとか欧州欧州の連呼されているだけで、何の分析にもなっていないのを見て、苦笑するしかありません。これ、実際にヨーロッパ圏で日々暮らしている人々の多くは既に知っていることだと思います。
    日本のテレビで世界各国の政治について良く知っているんだっという態度で出ておられる方が、この程度なので、日本で「一般市民」と呼ばれる多くの人々が、客観的に分析するとか、現地の本当の報道のされ方(ソノされなささっと言った方があっているでしょう!)などは、想像以上に大変に難しいことなんだと思います。
    特に、テレビや新聞からしか情報を得ない人々は・・・論外。
    http://www.dailymotion.com/video/x1tf66d_2014-05-07-%E5%AE%89%E5%80%8D%E7%B7%8F%E7%90%86%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%91%E5%A4%96%E9%81%8A%E3%81%AE%E7%9C%9F%E3%81%AE%E7%8B%99%E3%81%84-%E7%8B%AC%E7%AB%8B%E7%B7%8F%E5%90%88%E7%A0%94%E7%A9%B6%E6%89%80_news

  3. Abe Is Over says:

    ネットが発達している時代ですから、テレビを持っていなくても、このようにテレビ報道をネットで何度も見返すことが出来る時代ですね。(日本の一部のテレビもネットで報道動画を投稿したりしていますが、時間が経つと映像が消されて行くという、これまた変わったことになっていますが!)
    以下はフランスのBFMTVという主に速報ニュース専門のメディアが、フランスの大統領と安倍総理が、どのような「外交」を行ったのか見受けられます。
    安倍総理は通訳付きで日本語で話、オランド大統領はフランス語で話しているのですが、安倍総理がオランド大統領に話しかけた際の、その内容にご注目を。
    ちなみに、フランスに限らず世界共通だと思うのですが、大して言う事が無い相手を前にして便利なのが、天気の話なんですよね。
    また、一般人がオランド大統領に気づいて携帯で写真を一緒に撮って欲しいと言ってくる場面で、その一般人の男性は「こちらが日本からいらしている日本の総理なんですよ。」っと紹介し、男性は「あ、はいはい、そうですか、はじめまして。」っと言う程度で全体的には分かり易い態度で、はっきり言って「ほとんど興味なし」っという態度で、オランド大統領と一緒に記念撮影をして去る場面も見受けられます。「日本の総理」っと紹介されて、例え安倍総理の顔を知らなくても、そうか日本の総理ね、おおおっ!と思ったなら、きっと記念撮影に、「是非とも日本の総理とフランス大統領を両側に」っという事で安倍総理にも是非撮影を一緒にと言ったのではないでしょうか?と思いきや、この男性はオランド大統領と撮影し去っていくという・・・非常に分かり易い映像になっていると思います。
    また、「アジアの先進国日本」の国のトップがやって来ての報道が、この程度だというのも正直見た時は呆れました。

    http://www.youtube.com/watch?v=7JN-RBFZPXw

  4. Abe Is Over says:

    フランスでも同じく、台本を数秒間に1度見ないと、一文すら頭から最後まで話せないという安倍総理だったことが以下の映像から分かります。
    これはフランス政府が公式に映像をアップしているもので、安倍総理の演説は同時通訳で訳されているのですが、同時通訳の人は本当に大変だと思います。
    やっとでさえ文章の仕組みが日本語とフランス語では大幅に違い同時通訳ともなると非常に大変な作業であるにも関わらず、ここまで文章をブチブチと区切られた話し方をしている安倍総理の、もはや文章とは呼べない状態の棒読み状態を文章の形にして同時通訳してという作業は地獄、拷問だと思います。
    また、正面をシッカリ見ながらいるオランド大統領ですが、それでも視線は大体において横で起きている状況は分かりますよね、ですから、オランド大統領も安倍総理が台本を数秒ごとにチラチラと何度となく見て棒読みだというのは前を向いていても分かる分けです。メルケル首相ほど明らかではないにしても、オランド大統領も安倍総理の手元の台本に目をやる場面も見受けられます。(13分~)
    オランド大統領も今回の演説の際には用意した紙に目を向けることが何度かありますが、それでも紙を見ないで数分間話し続けるという場面は何度もあるわけで、安倍総理の台本棒読みは本当に酷い。
    台本が無いと一文すらマトモに自分の言葉で発言できない日本の首相、見ている方が赤面してしまう程に酷いと思います。
    こんな風ですから、様々なメディアも色々と取り上げたいと思っても、マトモに取り上げることが出来ないというのもあると思います。
    http://www.dailymotion.com/video/x1t4qnv_declaration-aux-cotes-de-shinzo-abe-premier-ministre-du-japon_news

  5. Abe Is Over says:

    パリでは、こんな騒動まで起こした安倍総理。
    http://news.livedoor.com/article/detail/8814215/

    • じゅん says:

      パリからの興味深い情報をいろいろありがとうございます。やはりそんな風だったのかと思いました。
      ドイツのマスメディアが安倍首相のドイツ訪問を取り上げなかったのは、ドイツのメディアの怠慢などではなく、彼の記者会見が取り上げるほどの内容がないと見なされたからではないかという気がします。じゅん

  6. Abe Is Over says:

    テレビの報道ではないですが、ラジオでは報道ありましたよ。
    っといっても、ササっと朝のニューストピック式に流れてく感じで全く持って掘り下げて報道されていたわけではないですが。
    まず、安倍総理のフランス訪問の件っというニューステーマの後に、直ぐに、このフランス訪問は原発ビジネスの為であると言われ、その直ぐ後に、数時間前にあった東京でマグニチュード6.2の地震があったと、東京からの特派員ジャーナリストが電話を通して報道するという声が届けられていたのを明確に覚えています。
    安倍のフランス訪問と原発ビジネス、そして地震・・・このセットのニュースを聞いて吐き気がしました!
    こういった朝のラジオでのニューストピックっというのは、ササっと色んな事を伝えなければいけないので、報道は肝心な所に焦点を当てて凄い速さで報道するんですよね。ですから、フランス訪問の理由はアレコレ報道されてはいますが、肝心の訪問重要項目は経済とガッツリ関わっている原発ビジネスだったのは明らか。
    その証拠にオランド大統領は演説が始まって、直ぐに、この日仏階段の目的は3本柱で、①経済 ②セキュリティー問題 ③文化だと表明した上で、その内訳として、①経済は日仏間での航空会社との連携について述べた後、フランス原発会社アレバ社と三菱がガッツリと連携契約を結んだと言ってましたよ。
    そして、日本とは既に第4世代の原発推進の約束を結んだのだと。
    つまり、こういう事があるから「両国は非常に深く強力に結ばれた・・・」というんですよね。
    安倍外遊ヨーロッパ最後の場所はベルギーで、ベルギーでも、全く同じ「両国は非常に深く強力に結ばれた・・・」と言い合い、原発ビジネスをしっかりしてきた日本の首相なんですよね。
    ちなみに、福島原発事故後にフランス原発会社アレバの社長がハッキリ言ってましたよ。
    日本に強力的に支援・協力すると、それは、事故後の後始末もそうだけど、「その後、原発を再稼働させるため」だと。
    いわゆる一般の人が知らない間に、原発マフィアと政府が一体となって色んな事を勝手に決めて、自分たちに都合の良い企業を海外に出させて、そこで都合の良いように契約を結び連携して、それでジャブジャブと金儲けしている分けです。

  7. Abe Is Over says:

    この日仏階段 → この日仏会談

  8. kimiyasu kobayashi says:

    様々な主義主張があって良いと思いますが、写真のキャプションに「心配そうに安倍首相を見つめるメルケル首相」と作為的な文章を付けるのは良くないと思います。この時のメルケル氏の気持ちは彼女にしかわかりません。
    これはよくプロパガンダや印象操作としてメディアで時々用いられる手法と同じだと思います。
    安倍氏に批判的な記事を書く事はあなたの当然の権利ですが、その記事の方向性に沿うように写真にキャプションを付ける事は間違いだと思います。
    (ちなみは私は安倍首相については政策単位で是々非々・支持不支持を行なう立場です。)

  9. Abe Is Over says:

    ご覧になられましたか?
    Geisterstädte (4/5)
    Japan: Die Todeszone rund um Fukushima
    Donnerstag, 08. Mai um 17:10 Uhr (44 Min.)
    http://www.arte.tv/guide/de/050299-003/geisterstadte-4-5

  10. Abe Is Over says:

    これは昨年10月にユーロニュースで報道されたものですが、この件について日本の報道はいかがだったのでしょうか?
    全体像が見えないような報道する側にとって何故だか都合良く切り取られたような写真だけを掲載されてとかいう報道だったのではないでしょうか?
    この行事で政府が使用している国旗は日章旗、このような映像は、例えばドイツで言う所の、メルケル首相が軍隊の行進を前にナチスドイツの国旗を掲げているという事になると思うのですが、どうでしょうか?
    日本の報道は、この日章旗の部分も含めてシッカリと全国的に報道していたのでしょうか?
    「これはよくプロパガンダや印象操作としてメディアで時々用いられる手法と同じだと思います。」っとコメントなされていた方に、是非その辺を教えていただきたいものです。
    では、映像をご覧ください。
    http://www.dailymotion.com/video/x16hkdp_japon-le-pacifisme-actif-de-shinzo-abe_news

  11. Abe Is Over says:

    安倍総理がヨーロッパ外遊とやらを終えて日本に帰国。
    その後の日本のテレビ報道が、これです。
    http://www.youtube.com/watch?v=H5KUddsp3O4
    さて、プロパガンダをやっているのは誰なんでしょ~か?
    こういった報道を見て苦笑、爆笑しているヨーロッパ圏在住の日本人の人々は多いのではないでしょうか?

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *